不動産終活とは

終活とは

「終活」とは、「人生の終わりを迎えるための活動」です。

人生のエンディングを意識することで、家族・親戚や生活環境、財産について正しく理解し準備することができます。心配事はできる限り減らし、残りの人生を心置きなく、より自分らしく生きるための活動が「終活」であると私たちは考えます。

具体的には、家財道具等、身の回りの整理や、自分の葬儀やお墓のことなど、自分らしい最期を迎えるための準備があげられますが、何より重要なのは、自分の死後、所有財産・不動産等の遺産相続が円滑に進むための準備であると考えます。
このことを怠ってしまうと、いくら自分の思い描いた最期を迎え、葬儀を迎えられたとしても、その後に残された家族や親戚同士が遺産相続の件で関係性が悪くなったり、場合によっては近隣住民の方々にも迷惑がかかってしまい、大変後味の悪い結果となってしまうことがあるからです。

つまり「終活」とは、事前準備をすることで、相続に関して遺された家族の負担や、家族・親戚間のトラブルを減らすことも大きな目的と言えます。
誰しも望んではいないと思われるのに、世間では必ず遺産相続問題が発生してしまいます。自分が元気なうちに、公正証書遺言等の遺言書を残すことはもちろん、相続対象の家族・親戚とも話し合いを進めることができれば、きっと残りの人生も、いきいきとした健やかな時間を送れるものと願っています。

不動産の終活とは

近年、社会問題化している「空き家問題」「相続問題のこじれ」「未登記不動産」「未管理不動産による災害発生」等、解決不能な物件が増加している状況で様々な問題を引き起こしております。
特に「相続問題のこじれ」については6~7割は不動産が原因といわれており、国もこのような問題を解消すべく、様々な法律、制度を作ろうと画策をしていますが、どのような効果が出るかは今のところ未知数です。
しかし、実のところ、これらの問題の多くは、不動産所有者が生前に対策を取らなかったことで生じているケースも多く、不動産所有者の考え方ひとつで未然に「争続問題」を防ぐことができるのです。

家族のため、地域のため、未来のため、元気なうちに「所有不動産の将来について道筋をつけておく活動」を、私たちは「不動産終活」と呼んでいます。

※「不動産終活/不動産の終活」は、株式会社サムコーポレーション(岩手県盛岡市)の登録商標です。

上へ