相談事例

借地料滞納が続く駐車場用地と相続税対策

【相続】 【活用】 【税務】

相談者の状況

相談者:息子
家族構成:両親、本人夫婦
対象不動産:賃貸駐車場用地

相談内容

パチンコ店に貸している駐車場用地が、パチンコ店の業績不振で借地料未納が6か月以上続いており、解約を申し入れしているが受け入れられず係争中である。
父は高齢で早急に相続対策のため、駐車場用地を返還してもらいアパートの建築を希望しているが解決のめどが立たず悩んでいる。

アドバイス内容

駐車場用地が利用できないため、他に定期借地権付きの用地を借地し、アパートを建築して相続税の節税を提案した。
建築資金はアパート単体だと融資を受けられないため、駐車場用地を提供して融資を受けた。

結果

提案通り、定借用地にアパートを建築し、融資の取り付けもできた。
結果、父が約1年後に亡くなり、相続税に対する一定の節税効果があった。

上へ