相談事例

相続した遊休土地活用 アパートか、貸家か

【相続】 【活用】

相談者の状況

相談者:本人(55歳)
家族構成:本人、妻(52歳)、長男(26歳)、長女(24歳)、次男(20歳)
対象不動産:遊休土地

相談内容

親から相続した遊休土地を活用したいと、いくつかの建築会社に相談したら、すべての会社が敷地一杯にアパートを建てる計画を提案してきた。このまま進めていいものか不安になっている。

アドバイス内容

敷地の北と南が道路に面している(2方向道路)ことから、田の字に区切り、4つの宅地に分筆し、それぞれの宅地に一戸建ての貸家を建てることを提案。

結果

賃貸の収益としては、アパートの方が高かったが、将来相続が起こると1棟のアパートを4人の相続人が共有することになり揉めることを考慮し、相続人たちが物理的に4つの物件を平等に相続できるようにしたいと、貸家4棟の計画を採用。

上へ